Visit 55

rroomm womens

センシュアルをひとさじ。

それなりに大人でそれなりに忙しく過ごしてる。スタイリッシュなんていう枠にはとらわれたくないし、かわいいものにはアンテナを張っていたい。都会的って、そういうことかもしれない。〈ルーム〉のウィメンズ店は、そんな都会的なハートを持ったひとに訪れてほしい一軒。縦長になったお店は、扉を開けた瞬間から一番奥まで、ファッション好きの好奇心をくすぐってくる。

 

〈マメクロゴウチ〉や〈ジュンミカミ〉を早くからセレクトしていたお店でもあり、〈エリコカトリ〉〈フォトコピュー〉など、存在感があってシルエットがきれいに決まるブランドを扱う。刺繍やフリル、ニットなど柔らかさと甘さをほんのり感じるアイテムや、カゴバッグやアクセサリーなどの遊び心溢れるものたちも、心ときめく秘訣。

ベロア生地のジャカード織りが特徴のマメクロゴウチのポロシャツ¥38,500。シンプルなボトムでもプラスするだけで存在感が出る一枚

  • リネン100%で作った贅沢な一着。ジュンミカミのチェック柄ジャケット¥75,900。ざっくりとした素材_感と絶妙なカラーリングが魅力

やっぱりお買い物は楽しい。

「私が好きなものを集めただけ」というバイヤーの植杉さんは、誰よりもお買い物を愛するひと。きれいなもの、心地よいもの、使えるもの、楽しいもの。たくさん知っているから、セレクトされたものすべてに説得力がある。ここはそんな彼女のクローゼット。百貨店では味わえないぎゅっと詰まった密度で、ポジティブな空気に満ちた服たちに囲まれておしゃべりを楽しんで。身につけるとどれだけ素敵かを想像しながらのお買い物は、やっぱり幸せなのだ。

  • 水牛の角で作られたヘアアクセサリー〈コストカム〉は、ドイツの森林に住むファミリーが営むブランド。種類豊富に揃う。¥3,300~

カラフルだけど派手すぎず、コーディネートのハズしにぴったりなラロのカゴバッグ各¥9,350。コロンとしたボックスフォルムもかわいい

カチムのサンダル¥48,400。ありそうでなかった真っ白な牛革サンダルは、フラットで気軽に履けて足元を品良く演出してくれる

Text : Mio Wajima

Photo&Edit : Yuji Iwai

Recent Posts

あたらしいこと