Visit 46

STRANGE THUG SENSE

いびつで、強くて、美しい。

涙のようなフォルムをしたフープピアスがある。叩いて薄くした一枚のシルバーの線が描くだけのそれが、なんだかいびつで、惹かれて、着けたら妙にフィットした。シルバーアクセサリーは街にたくさんあるけれど、〈ストレンジサグセンス〉のシルバーアクセサリーには、他にはない、何かがある。

 

バンドマンであるYUYAさんが12年前、バンドを抜けたことをきっかけに作りはじめた。「メンズが合うもの、自分が着けたいと思うものをやってみただけ」。作り方はあえて調べず、学ばず、ロックに。バンドをやるような感覚で自由なスタイルを続けている。そうして作られたシルバーアクセサリーはシンプルで、でもかっこよくて、どこかピュアな輝きのようなものを感じてしまう。

アトリエはもともと曲作りやバンドの溜まり場として借りていた場所。シルバーも、アルコールを持って集まってくる友達にあげているうちに始まった

動くたびに揺れて存在感が出る涙型のピアス¥19,800。風の谷のナウシカが付けていたピアスのトップをモチーフにしたという

アトリエで買う。

〈ストレンジサグセンス〉は女性に人気だ。シルバーは950を使用。「シンプルなデザインだから、純度が高くて、ちょっと白っぽい銀色がきれい」という。大阪・ルクアイーレの常設店をはじめ、北海道から博多まで、ポップアップで販売するが、ぜひ南船場のアトリエショップへ来てみてほしい。小さな一室ではリングからヘッドアクセサリーまで、アイテムがフルラインナップで見られるし、修理やオーダーも気軽に相談できる。自分で作って、自分で売りに行くから、製作はいつも忙しい。そんな合間でも、YUYAさんはシルバーを叩いた黒い手でコーヒーをいれてくれる。そのコーヒーはとてもおいしい。

  • シンプルな服装でも、着けるだけでちょっとエッジが効く。角ばったラインがアクセントになったシンプルなバングル¥26,800

  • スクエアのトップを付けたネックレス¥17,800。チェーンに変化を与えているのも特徴

Text : Mio Wajima

Photo&Edit : Yuji Iwai

Recent Posts

あたらしいこと