Visit 54

喫茶と雑貨 moja

素朴でたくましい、アフリカの暮らし。

壁一面に並ぶ、ユニークで鮮やかなバスケット。ふたつと同じ姿がなく、生きもののような愛らしさで出迎えてくれる。もともとアフリカの仮面を集めるのが趣味だったという、店主の川久保さん自ら現地へ赴き買い付けた生活雑貨を販売する〈モジャ〉。国でいうところのブルキナファソやガーナ、コートジボワール、トーゴ、モロッコ、南アフリカなどを渡り歩く。

 

直接アフリカで収集なんて、けっこう大変じゃないですか? そうして探してしまう魅力はズバリ、「アフリカにはネットに出てこない、見たことのないものばかり。部族がいっぱいいるのでとてもおもしろい」と川久保さん。バスケットだけでも素材も形も使う色も違う。日本人では考えつかないような発想で、見ているだけで旅気分になれて楽しい。

  • エスワティニ王国の女性たちによって編まれたザイザル麻のバスケット¥4,070~

  • 西アフリカに居住するドゴン族による1950年~60年頃のアンティーク鉄像¥17,600

  • 程よいボリューム感が出る、古いサリーを2枚重ねて刺子したインドの布¥8,800~

手仕事にみなぎるエネルギー。

例えば、サイズ豊富に揃えるズールー族のバスケット。子どもを守る宝物として母から子、孫へと受け継がれる高級品で、現地では人ほどの大きさのものもあるという。優しい茶系の色味を使っているけど、こんなにも鮮やか。手に取るととても繊細に編まれていて、人の手の力強さをひしひしと感じられる。店内は他ではなかなか見ない部族のものやアンティークも見どころなので、ぜひこちらもチェックを。

  • 100%植物性のワックスを使用した、大阪発ARATi(アラティ)のキャンドル¥5,060~

高橋彩子さんによるユーモア溢れるプロジェクト。アッチコッチバッチのピアス各¥7,700

Text : Mio Wajima

Photo & Edit : Yuji Iwai

Recent Posts

あたらしいこと