Visit 54

THE NEIGHBORS

特別じゃない日に、花を買おう。

フラワーアーティストとして活躍する小西健太さんとリョウ・リレイさんが営むショップ。普段はイベントやショップのデコレーションを行うかたわら、モデルルームとして2019年にオープンした。「花のある空間として、サプライズ感のあるものに」と創り上げるお店は、いわゆる“花屋”とは、まるで違って…。

 

週3回入荷するフレッシュな花々は、どれも同じ器に収まっておらず、家でそうするように“飾られて”いる。〈ネイバーズ〉に一歩踏み入れると、理想の邸宅へお邪魔したようときめきがあるのだ。

 

ただ花を売るショップではなく、花のある暮らしを発信する。「記念日に花を買うのもいいんですが、野菜を買う感覚で、もっと日常的に花を取り入れてほしい」と、リョウさん。美しいものを愛でる行為は、もっと当たり前でいいという。

一本ずつ挿すだけで華やぐので、気軽に使いやすい5連フラワーベース¥5,500。インテリアとしてそのまま置いてもサマになる

アーティストによる実践的なヒント。

旅先などで集めた花器も見どころで、ヴィンテージからモダンまで彩り豊か。リーズナブルなプライスも魅力だ。「お料理に合わせるお皿のように、季節の花に合わせて楽しんでください。もっと花器を気軽に。使えてナンボですから!」と、気さくな笑顔で話してくれた。

 

まずは、美しい花々を眺めて。そして注目してほしいのは、飾り方。小物や花器とのコーディネートにはプロのセンスが散りばめられていて、暮らしに取り入れたくなるアイデアの宝庫。花束やアレンジメントのオーダーはもちろん、お家の花器のコーディネートを相談できるなんて。今までありそうでなかった場所なのだ。

Recent Posts

あたらしいこと