Visit 55

FAT DOG STAND

ファーストフードだって最高がいい。

太るくらいおいしくて食べ過ぎてしまうホットドッグ屋さん〈ファットドッグスタンド〉。PHAT(最高にイケてる)なヤツら、信じたことを一生懸命やってる人たちが自然と集まりコンタクトをとって新しいことが生まれる場所、という意味もある。

 

オーナーの佐竹さんが「めちゃくちゃお肉がおいしい」という、近所の〈ミート29〉の豚挽肉を使った自家製ソーセージは柔らかくてジューシー。鉄板で焼いて外カリ中フワに仕上げたパンに挟んで食べると、食感も相まって、なんとも最高。もともと自転車屋で組み立ての仕事をしていた佐竹さん。きっかけは〈ガクヤバーガー〉との出会いだったという。「普段100円で食べていたファーストフードの10倍近くの値段を払ってでも食べたいと思うハンバーガーに感動したんです」。ひとつ一つ丁寧に作るファーストフード。そのおいしさに、人が集まってくる。

オニオン、マッシュポテト、チーズ、グレイビーソースを挟んだ人気メニュー。プーティンドッグ¥800、ポテトとドリンクのセットは¥1,210

谷町、愛すべきローカル。

都会の便利さと田舎のフレーバーが混じった谷町に一目惚れし、ほんの小さな店からはじめて6年がたった。変わらず今もここは、キオスク的な存在だ。買い物途中にコーヒーを“汲みに”くる人、病院へ行くおばあちゃん…。おいしいホットドッグを食べていると、昔ながらの店が残る谷町の姿が見えてくる。「街を大切にしてる人が多くて、でも昔からいる人だけじゃなくて新しい人も受け入れてくれる谷町が好き」と佐竹さん。自分が住んでいる街を愛しく思える、そんな場所があれば、毎日は最高にちがいない。

空掘商店街の道行く人々と挨拶を交わす看板犬。甘えん坊の甘(カン)ちゃん

  • バリスタの資格を持った奥さんが淹れるコーヒーも人気。さっぱりしているのでホットドッグとの相性抜群。毎日飲めるリーズナブルな価格も愛される理由。アイスコーヒー¥320

Text : Mio Wajima

Photo&Edit : Yuji Iwai

Recent Posts

あたらしいこと