Visit 62

LAND OF TOMORROW 心斎橋パルコ店

エレガントは正義。

カジュアルとエレガンスを、それは絶妙なさじ加減でセレクトするショップ〈トゥモローランド〉。心斎橋パルコにある〈ランド オブ トゥモロー〉は、トゥモローランドの真髄とも言えるバランス感覚を感じられるコンセプトショップだ。

 

見応えのある〈ドリス・ヴァン・ノッテン〉のフロアの一方、青山の〈スーパー エー マーケット〉のようなカラフルでカジュアルな要素。そこに〈オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー〉や〈バイレード〉など香りブランドによるライフスタイルの提案を加える。トゥモローランドをよりレンジの広いブランド展開で楽しめる一軒で、ビジネススーツは置いていない。クラシックはしない。その潔さの中でON・OFFの幅を魅せるといったところに、その手腕が見え隠れする。

目にも鮮やかなインポートブランド。

トゥモローランドは、1978年にニットメーカーからスタートしたブランドだ。だから心に柔軟さがある。〈ラフ シモンズ〉、〈ジルサンダー〉といったラグジュアリーブランドから〈ザ クラシック〉や〈セシリーバンセン〉などのこれから注目のブランドまで、そのセレクトは実に多彩。特にそれらはインポートで、NYの女性デザイナーのユーモアを感じさせる〈BODE(ボーディ)〉から南チロル地方出身のデザイナーが手がける〈RIRE(リア)〉の美学まで、まるで洋服から世界とコミュニケーションしているような楽しさがある。円型になった女性ものアクセサリーコーナーも豪華絢爛で、得意のオリジナルニットブランド〈CABaN(キャバン)〉の色彩豊かなコーナーもあわせてチェックしてみてほしい。

 

ファッションは視覚イメージのペアリング。ここに来れば、まずは目で楽しむことの大切さを教えてくれるはず。

  • ウール糸の刺繍やパッチワークを得意とするブランド〈BODE(ボーディ)〉は古着のような懐かしさがある。ブルゾン¥247,500

  • ドイツのトレーニングシューズが元になった定番人気モデル。マルタン・マルジェラのジャーマントレーナー¥64,900、ペイント各¥80,300

  • (写真左・右)オルセン姉妹が手がける〈THE ROW(ザロウ)〉。ショルダーバッグ¥295,900はワンショルダーで、ポケットも縫い目もない至極ミニマムなデザイン

  • フランス発の総合美容薬局である〈オフィシーヌ・ユニヴェルセル・ビュリー〉。定番人気のローズウォーターなどをラインナップ

  • ・DSCF5870

    〈BYREDO(バイレード〉など話題性のあるフレグランスも並ぶ。インテリアにセンス良くなじむシンプルでモダンな瓶のデザインも魅力

  • ジャケットやシャツに着けて楽しみたい〈BUNNY(バニー)〉のシルバーバッジ。品質の良さと、イギリスの伝統的手法と職人の技が光る

Recent Posts

あたらしいこと