Visit 62

MARFA

アメカジをクリーンに。

なにやら南船場が賑やかだ。それも古着屋が。アメ村や堀江よりもオトナで、キレイ目のショップが強いイメージだった南船場に、先日ご紹介した〈TOI〉や〈THE BEST SHOP〉を含め以前にも増して古着屋が増えている。古着屋とはいえ、ひと昔前の「ヴィンテージやレギュラー云々…」でひと括りにされるのではなく、いまやそのセレクションは千差万別。オーナーの個性が存分に投影されていることで、より魅力的に見えるのだと思う。

 

だから最近の古着屋はおもしろい。

 

こちらの〈マーファ〉は、白を基調とした店内で、ミッドセンチュリーのファニチャーを什器として使うなど、セレクトショップさながらの雰囲気。

 

「トラッドをベースに、80年代のスケートカルチャーやワーカースタイルをプラスしたスタイルが好きで。今までのアパレルの経験で培ったことと、自分の好きなスタイル、両方を大事にしながらピックしました」

と店主・大西良樹さんが言うとおり、そこには決して派手に主張しないクリーンな古着たちがラインナップする。

  • 良デザインのレザーパンツやニットなど、大人の女性にこそ響くウィメンズのセレクトも必見

古着とセンス。

大西さんは、元々大手セレクトショップの店長を努めていた。

国内外の錚々たるブランドを目の当たりにしてきた経験と視点。

 

その蓄えられたマインドが良い意味で“古着感”を軽減している。

例えば、古着といえば、のリバースウィーブも、ここではもっと特別なものに見えたような気がする。

 

リアルに使われてきたであろうダメージのあるワーク物やミリタリー物。どこか気の抜けたプリントのTシャツ。

上品なニット…。いずれも“狙って”バイイングすることは至難の技である。

集めたものをどう編集するかがいまの時代には重要で、なおかつそれをするにはセンスが必要だ。

 

アメリカでひとつひとつを丁寧にピックし、それを大西さんがエディットすることで生まれる“MARFAらしい古着”。

その大西ならではセンスに触れてみてほしい。

 

  • リアルワークパンツとして使用されていたペンキの飛びや、膝のアタリなど抜群の雰囲気。ディッキーズのペインターパンツ¥14,850

  • ナイロンとキャンバスのコンビ素材を使用した、VANSのオーセンティック¥7,480

  • イリノイ州・オーガスタナ大学のリバースウィーブ。3段プリントで状態も良好。価格未定

  • ディアスキンにウッドボタンが配された70年代らしい逸品。レザーブラウス¥35,750

  • 落ち着いたカラートーンが美しい、フレンチラコステのVネックニット¥16,280

Recent Posts

あたらしいこと